2018年4月期ドラマ視聴率・満足度ランキング!一番面白かった春ドラマとは?

 コンフィデンスマンJP

©フジテレビ

第5位は『コンフィデンスマンJP』。

  • 期待度2位
  • 視聴率4位

『リーガル・ハイ』や『デート』を手掛けた古沢良太さんが脚本を担当するということですごく楽しみにしていたドラマだったのですが、やや期待ハズレでした。

たぶん期待が高すぎたんだろうな~。

第1話のラストの飛行機のくだりでガッカリ。メインキャストの長澤まさみさん、東出昌大さん、小日向文世さんの演技も空回りしてる感が拭えませんでした。

でも、回を重ねるごとに3人の演技にも慣れてきて「あ、そこそこ面白い」と思うように。

そして、迎えた最終回。

めちゃくちゃ面白かった。完全に騙された。まさか最終回がエピソード0だとは思わなかったな~。ヤラレタ。

全体的にみると期待が高すぎた分ガッカリしたけれど、終わりよければすべてよし。

やっぱり古沢良太さんのドラマ好きだな~と再確認しました。

長澤まさみさんは最初こそ違和感があったものの後半はかなりの振り切れっぷりで最高でした。コメディエンヌの才能あると思います。

東出さんのボクちゃんもじわじわクセになる良さがあったし、小日向さんもさすがって感じでした。

 ブラックペアン

©TBS

第4位は『ブラックペアン』。

  • 期待度1位
  • 視聴率1位

期待度1位、視聴率1位でしたが、満足度では4位です。

私は常々ドラマとリアルは別物だと言っていて、あまり深く考えずに楽しんでいますが、それにしたって「それはどうなの?」っていう描写がチラホラ。

『ブラックペアン』は“チーム・バチスタ”シリーズで知られる海堂尊さんの小説が原作となっていて、海堂さんが現役の医師であることも知っていたので、そんな無茶苦茶な話にはならないだろうと思っていましたが、まさかの展開でした。

途中から医療ドラマっていうよりファンタジーとして楽しみました。

で、ファンタジーとして観るとすごく面白かった。何より主要キャストの演技が素晴らしい。

二宮和也さんはダークヒーローがハマってましたね。陰のある役が似合う。

内野聖陽さんはもうね、素晴らしいって言葉しか出てこない。別格でした。

市川猿之助さんの顔芸も良かったし、竹内涼真くんも安定の演技力。演技派俳優たちに囲まれても見劣りしませんでした。

ただ、小泉孝太郎さんと加藤綾子さんは残念だった。特に加藤綾子さんはネット上でもめちゃくちゃ叩かれてましたね。

まあ、確かに演技は下手というか棒読みだったけど、滑舌が良くて台詞が聞き取りやすかったので、私はそこまで気になりませんでした。

 あなたには帰る家がある

©TBS

第3位は『あなたには帰る家がある』。

  • 期待度5位
  • 視聴率5位

このドラマはキャストが好きだったので期待していたのですが、期待通り面白かったです。

不倫をテーマにしたドラマということでドロドロしているのかと思ったら、結構コメディ色も強くて、笑って泣ける素敵なドラマでした。

あとは役者さんたちの演技が素晴らしかった。

中谷美紀さんは勿論のこと、ダメ夫を演じた玉木宏さんには本当にイライラさせられたし、性悪女を演じた木村多江さんの壊れっぷりは最高だったし、モラハラ夫を演じたユースケ・サンタマリアさんのゲスっぷりも見事でした。

特に木村多江さんの演技が最高だったな~。

薄幸の女性を演じさせたら右に出るものはいないと言われていますが、悪女役もめちゃくちゃハマる。桃を丸かじりするシーンには恐怖を感じましたね。

あまりに演技が上手すぎてドラマを観ているときはだいぶイライラしましたが、女優さんとしては大好きになりました。

 モンテ・クリスト伯

©フジテレビ

第2位は『モンテ・クリスト伯』。

  • 期待度9位
  • 視聴率11位

深夜枠で放送された『家政婦のミタゾノ』より低視聴率だった『モンテ・クリスト伯』ですが、めちゃくちゃ面白かった。

全然期待してなかったから本当にビックリ。

ディーン・フジオカさん、山本美月さん、大倉忠義さん(関ジャニ∞)っていう演技ヘタクソな3人が主要キャストと知った時点で観る気が失せてしまって、全話録画していたものの実は1話すら観ていなかったんです。

でも、最終回の放送後にTwitterで「モンテクリスト超面白い」ってツイートが多くて、じゃあ1話くらい観てみるかと思って観始めたらドハマりして最終話まで一気に観ました。

録画消さなくてよかった~!!

面白いと思ったら脚本家さんが『ストロベリーナイト』とか『僕のヤバイ妻』とかを手掛けた黒岩勉さんなんですね。なるほど、納得。

登場人物の心理描写やストーリー展開が実に巧妙で世界観に惹き込まれました。観終わったあともしばらく余韻に浸っていました。

たぶん作品の完成度としては今期ナンバー1だったと思います。

あとは脇を固める役者さんたちの演技が光ってましたね。

個人的には稲森いずみさんと山口紗弥加さんの女優コンビの演技が素晴らしかったけど、高橋克典さんも良かった。あとは台詞ほとんどないけど伊武雅刀さんね。

そして、ディーンさんと山本さんと大倉さんの演技も悪くなかったです。演技ヘタクソって言ってごめんなさい。

 おっさんずラブ

©テレビ朝日

第1位に輝いたのは『おっさんずラブ』。

  • 期待度6位
  • 視聴率12位

以前放送された単発ドラマが面白かったので期待していましたが、期待以上にめちゃくちゃ面白いドラマでした。

まさかおっさん同士の恋愛ドラマにハマるとは思わなかった。

このドラマの何が素晴らしいって、まずは脚本。本当に秀逸でした。ラブコメの王道。視聴者の期待以上のものを届けてくれるドラマでした。

おっさん同士の恋愛にこんなにキュンキュンさせられるなんてビックリ。

あとは、役者さんたちの演技が素晴らしい。

田中圭さんめちゃくちゃ演技上手い。テンションとか台詞の間合いとか表情の豊かさとか完璧でしたね。春田を演じられるのは田中圭さん以外いないってくらいハマり役。

元々好きな俳優さんでしたが、大好きになりました。

そして、ヒロイン役の吉田鋼太郎さん。もうね、ヒロイン役が吉田鋼太郎さんってギャグとしか思えない設定なんですが、全然違和感なし。イカツイ風貌の部長がどんどん可愛く見えてきて、本当に応援したくなりました。

林遣都くんも演技上手かったな~。ちょっとした仕草とか表情まで細かく丁寧に演じていて感心しましたね。ナイスキャスティング。

もうね、100点満点。文句の付けようがない最高ドラマでした。

スポンサーリンク

2018年4月期ドラマ満足度ランキングまとめ

いかがでしたか?今回は2018年4月期に放送されたドラマの視聴率・満足度ランキングをお届けしました。

1位は『おっさんずラブ』。もうね、めちゃくちゃ面白かった。

主人公のおっさんを2人のおっさんが取り合うという斬新なラブコメなんですが、脚本が秀逸でキュンキュンしました。

そして、最下位は『花のち晴れ』。

こちらは主人公の女の子を2人のイケメンが取り合うという王道のラブコメなんですが、脚本がダメすぎてガッカリでした。

ちなみに、2018年4月期に放送されたドラマの中で賞レースをするなら…

  • 主演女優賞:長澤まさみさん
  • 主演男優賞:田中圭さん
  • 助演女優賞:木村多江さん
  • 助演男優賞:ユースケ・サンタマリアさん

こんな感じですね~。

主演女優賞は長澤まさみさんと中谷美紀さんと一騎打ち。主演男優賞は田中圭さんの圧勝。

一番迷ったのは助演男優賞。内野聖陽さんとユースケ・サンタマリアさんで最後まで悩みましたね。

という訳で、2018年4月クールのドラマ総括は以上になります。長々とお付き合いありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. ゆうゆう より:

    ぽんちゃんさん!今回も待ちに待っておりました。
    コメント欄に書くのに文字数多くなりますがご容赦くださいw
    まずは私の今回のランキングと感想から(10点満点で点数つけてました)

    12位 花のち晴れ 6.0点
    主役の子の声スカスカ、演技びみょーと思いながらも主役張るだけあって晴のまっすぐな気持ちが伝わってきた。音のしょーもない!は後半はあなたに言いたい。天馬くんがカッコよすぎてなぜ気持ち揺らぐ?と感情移入できず。最後の終わり方も世間と同じく。あとC5があまりにも存在感がなく残念。花男はF4みんな魅力的だったのに。

    11位 崖っぷちホテル 6.5点
    何といっても主役の演技力。周りが達者が多いだけに座長がこれでは全体的に合わせてるような気が。話もタイトルから読めてしまうし。最終回の岩田さんの演技は少しだけ良かった。

    10位 Missデビル 6.5点
    菜々緒さんに美脚で回し蹴りさせたいだけのドラマ。保険会社の不正というのを絡めながらもいろいろ残念。なぜ安室ちゃんの主題歌?w

    9位 家政夫のミタゾノ 7.0点
    前回見てないんですが、思ったほどおもしろくはなかった。派遣されればその家庭は真実が暴かれるってことでいいんかなw

    8位 未解決の女 7.5点
    波瑠さんが私も食傷気味で。コナン形式の解決法もあまりハマらず。脇の俳優陣豪華だった印象。

    7位 シグナル 7.5点
    タイムリープの設定が苦手なもので。ただ、北村一輝さんの役の動向だけが気になって見てたドラマ。事件が解決すれば少しスッキリしたんで。吉瀬&北村の昼顔コンビを同時に現代で見たかった。

    6位 ブラックペアン 7.5点
    期待しすぎたのか、特に前半がガッカリ。渡海先生をすごい人に見せたいのはわかるけど人間性腐ってて(あとニノ自体も苦手w)主役なのに応援したくない。この病院にお医者さんはいませんかー?は笑ったけどw あと高階先生がひどい扱い受けるとかわいそうでならなかった。加藤綾子さんは出すぎw 滑舌でいえば、竹内涼真くんのナレーションが気になった。後半はうまく盛り上がってたと思う。

    5位 正義のセ 8.5点
    勧善懲悪なのであまり考えず見れるとこがいい。ストーリーは単調だけど終わりがすっきりするし。吉高さんの滑舌は、新人だからわざと?本当にあんな喋りなだけ?と混乱したw タラレバでは気にならなかったのに。安田顕さんはいい味出してた。

    4位 コンフィデンスマンJP 8.5点
    3人の掛け合いが楽しくていいし、五十嵐役の古手さんもおもしろかった。話によってはちょっと退屈だったけど脚本がしっかりしてるんで、伏線の回収もばっちりで安定してた。最終回は本当におもしろくてあっという間だった。まるで映画見てるような展開。まあ、ツッコミどころもあるけどうまくいくのがドラマだしw

    3位 モンテ・クリスト伯 9.0点
    キャスト惹かれないし、1話も導入だけで未知数だし期待してなかったけど、復讐劇始まってからは次が気になる気になる。桜井ユキさんの役良かったな~。復讐をジワジワと進めていくところも見せ方がうまい。世間と同じく、なぜ気づかない?と思ったり、おディーン様や山本美月さん、大倉くんじゃなかったら…とそういう見方もしてたけど。
    最終回、真海の提案に応えるすみれは深かったなぁ。

    2位 あなたには帰る家がある 9.0点
    主役夫婦とボケナス夫婦の絡みがメインだけど、特に綾子の闇が深すぎて笑えるくらいw 不倫劇をこういう表現もあるのかとわくわくしながら毎週見てた。メインの4人が演技よくて(特に木村多江さん、ユースケさん、中谷美紀さん)安定。秀明ってハンサムな玉木さんだからまだいいけど普通の男だと流されまくりのクズだわw 最終回エレベーターのシーンも5文字の言葉も笑ったな~

    1位 おっさんずラブ 10点
    こんなに視てる人の感情を笑わせたり泣かせたりもてあそぶなんてひどいw(ほめ言葉)コメディのセンスも秀逸、感動させる場所も秀逸!文句なしの1位。
    脚本の良さと役者の演技とが相乗効果で最高だった。田中圭さんも林遣都くんも吉田剛太郎さんも今まで普通だったけど大好きになった。コメディを上手に演じられる人が本当に演技力ある人と思ってるんで、この3人で本当に良かった。リピートしてますw

    また調子に乗ってたくさん書いてしまいました。
    ぽんちゃんさんと私とほぼ近いランキングなので感性近いのがうれしいですw
    今回は明暗分かれる感じですよね~。おもしろいのとそうでないのがハッキリ。前期がおもしろいの多かっただけにそう感じます。
    次回も楽しみにしてま~す!