大コケした日本映画ランキングTOP15!興行収入ワースト1位の作品とは?

先日、中国映画『阿修羅』が歴史的な興行不振を記録したことがニュースになりました。

中国映画史上最大となる約126億円の予算を投じて製作された超大作でしたが、興行成績が振るわず、公開からわずか3日で上映打ち切りになってしまったのだとか。

米ドル換算した推定損失額は約116億円で、世界映画史上第5位に入る巨額損失だったみたいですね。

そこで気になるのが、大コケした日本映画ってどんな作品があるのかな?ってことです。

よく「爆死した」「大コケした」ってニュースを目にしますが、どれくらいのレベルのコケっぷりなのか気になりますよね~。

というわけで、今回は爆死レベルで大コケしてしまった日本映画をランキング形式で紹介していきたいと思います。

ただ、対象作品が多いと調べ切れないので、今回は2010年以降に公開された映画に限定したランキングとさせていただきます。

スポンサーリンク

大コケした日本映画ランキングTOP15

 進撃の巨人

©2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 ©諫山創/講談社

第15位は『進撃の巨人』。

人気漫画の実写化作品で2015年に前後編二部作で公開されました。

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(前篇)

  • 公開:2015年8月
  • 主演:三浦春馬
  • 監督:樋口真嗣
  • 興行収入32.5億円
  • 初登場1位
  • 427スクリーン

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド(後篇)

  • 公開:2015年9月
  • 主演:三浦春馬
  • 監督:樋口真嗣
  • 興行収入16.8億円
  • 初登場1位
  • 427スクリーン

週末興行成績ランキングはどちらも初登場1位を記録しており、興行収入だけ見るとそこまでコケたようには思えないのですが、話題性があったことを考えると寂しい数字なのでランクインさせてみました。

どうやら前後編合わせて興行収入100億円を目標にしていたみたいですが、半分にも届かなかったみたいですね。

そして、後編の興行収入が前編の約半分になってしまっているのも地味に痛い。

でもまあ、面白くなかったから仕方がないですね。

私は映画館には行かずにレンタルで観たけど酷いもんでしたよ。ネットで散々叩かれてたの知っていたからある程度は覚悟していたけど、予想の斜め上をいく破壊力でした。

全く期待せずに観たのに予想よりも酷いって、ある意味スゴイ。「原作漫画のファンは観ない方がいい」というレビューは正しかった。

ちなみに、この映画の製作費はそれぞれ10億円程度と言われています。

で、脚本を担当した映画評論家の町山智浩さんのTwitterによると、製作費の約3倍の興行収入で黒字になるらしいので後編は完全に赤字ですね。

 無限の住人

第14位は『無限の住人』。

  • 公開:2017年4月
  • 主演:木村拓哉
  • 監督:三池崇史
  • 興行収入9.7億円
  • 初登場6位
  • 331スクリーン

こちらも興行収入だけ見るとそこまでコケたようには思えないのですが、木村拓哉さん主演の映画にしては寂しい数字ということでランクインさせてみました。

木村拓哉さんはドラマで高視聴率を連発しているイメージですが、映画でもヒットが続いていたんですよね。

  • 武士の一分:41.1億円
  • HERO(2007):81.5億円
  • SPACE BATTLESHIP ヤマト:41.0億円
  • HERO(2015):46.7億円

そのため数字だけ見ると期待ハズレな印象を受けてしまいます。

まあ、過去の作品と比べるのは可哀想な気がしますが。

ただ、この『無限の住人』は製作費が億単位でPRにも1億円近い資金が投入されたと言われているので、そういうことを考えると大コケしたと言わざるを得ません。

ちなみに、木村拓哉さんはカンヌ国際映画祭のレッドカーペットで共演女優の杉咲花さんをエスコートせずに一人颯爽と階段を上っていく姿が問題視されてしまいました。

映画がコケただけでなく振る舞いまで叩かれるとは踏んだり蹴ったりですね。

 ジョジョの奇妙な冒険

第13位は『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』。

累計発行部数1億部を超える人気漫画の実写化作品です。

  • 公開:2017年8月
  • 主演:山崎賢人
  • 監督:三池崇史
  • 興行収入9.2億円
  • 初登場5位
  • 325スクリーン

ジョジョが実写化されると発表された日からネット上では「絶対コケる」と言われ続けてきましたが、案の定コケましたね。

興行収入だけ見るとそこまでではないですが、話題性を考えると寂しい数字です。週末の興行成績ランキングも初登場5位でした。

また、こちらも製作費が結構掛かっている模様。ネットで情報収集したところ、海外ロケ(スペイン)やCGに多額の資金を投じたとか。

ちなみに、映画のタイトルに第一章とあるように当初はシリーズ化(4部作)を計画していたようですが、第一弾がコケてしまったので続編は白紙になってしまったと言われています。

 座頭市 THE LAST

第12位は『座頭市 THE LAST』。

勝新太郎さん主演で映画化された人気シリーズの最終作となる作品です。

  • 公開:2010年5月
  • 主演:香取慎吾
  • 興行収入4.0億円
  • 初登場6位
  • 238スクリーン

香取慎吾さん主演で石原さとみさんがヒロイン役を務めましたが、興行収入4億円と大コケしてしまいました。

ネームバリューを考えると、かなり寂しい数字ですね。

ちなみに、2003年に公開されたビートたけしさん主演の『座頭市』は興行収入28.5億円でした。

 おしん

©2013「おしん」製作委員会

第11位は『おしん』。

1983年から1984年にかけて放送されたNHK朝の連続テレビ小説『おしん』のリメイク作品です。

  • 公開:2013年10月
  • 主演:濱田ここね
  • 興行収入4.0億円
  • 初登場5位
  • 253スクリーン

ドラマ版は平均視聴率52.6%最高視聴率62.9%という驚くべき数字を記録しましたが、映画版は興行収入4.0億円と寂しい数字になってしまいました。

全国253スクリーンで公開され、母親役を上戸彩さん父親役を稲垣吾郎さんが演じるなど話題性もありましたが、わずか4週で打ち切りとなってしまったようです。

 氷菓

第10位は『氷菓』。

累計230万部を突破した推理小説シリーズの実写化作品です。

  • 公開:2017年11月
  • 主演:山崎賢人・広瀬アリス
  • 興行収入1.3億円
  • トップ10圏外
  • 225スクリーン

『氷菓』はアニメ・漫画化もされている人気作品で、今が旬の山崎賢人さんと広瀬アリスさんがダブル主演を務めましたが、まさかの週末興行成績ランキングでトップ10圏外でした。

全国225スクリーンという公開規模を考えると大爆死ですね。

 トリガール!

©2017「トリガール!」製作委員会

第9位は『トリガール!』。

鳥人間コンテストの常連である人力飛行機チームの大学生たちの姿を描いた小説の実写化作品です。

  • 公開:2017年9月
  • 主演:土屋太鳳
  • 興行収入1.6億円
  • トップ10圏外
  • 238スクリーン

土屋太鳳ちゃんが主演で、間宮祥太朗くん高杉真宙くんという若手注目株の俳優たちが脇を固めましたが、まさかの週末興行成績ランキングでトップ10圏外という大爆死でしたね。

全国238スクリーンという公開規模を考えると記録的な大コケと言わざるを得ません。

 ガッチャマン

第8位は『ガッチャマン』

タツノコプロ原作のアニメ「科学忍者隊ガッチャマン」の実写化作品です。

  • 公開:2013年8月
  • 主演:松坂桃李
  • 興行収入4.8億円
  • 初登場6位
  • 307スクリーン

日本テレビ開局60周年記念、日活100周年記念、タツノコプロ50周年記念と冠がたくさんついていますが、初登場6位という残念な結果に。

ネット上では製作費80億円なんて言われていますが、現実的に考えるとあり得ない金額ですよね。

でも、同じタツノコプロのアニメを実写化した『ヤッターマン』の総製作費は20億円と言われているので、こちらもそれなりの費用は投じていると思います。

ただし『ヤッターマン』の興行収入は31.4億円。

それに比べて『ガッチャマン』は4.8億円と目も当てられない数字になってしまいました。

全国307スクリーンという公開規模や製作費を考えると大爆死と言わざるを得ません。

 真田十勇士

第7位は『真田十勇士』。

2014年に上演された舞台の実写化作品です。

  • 公開:2016年9月
  • 主演:中村勘九郎
  • 監督:堤幸彦
  • 興行収入6.1億円
  • 初登場7位
  • 321スクリーン

舞台と同じく歌舞伎役者の中村勘九郎さんが主演、堤幸彦さんが監督を務めましたが、まさかの大爆死でした。

製作費10億円以上の超大作と言われており、宣伝も大々的に行っていましたが、まさかの初登場7位。興行収入も6億円で大赤字です。

全国321スクリーンという公開規模や製作費を考えると大コケで間違いないですね。

 テラフォーマーズ

第6位は『テラフォーマーズ』。

累計発行部数1600万部を突破した人気漫画の実写化作品です。

  • 公開:2016年4月
  • 主演:伊藤英明
  • 監督:三池崇史
  • 興行収入7.8億円
  • 初登場7位
  • 327スクリーン

製作費15億円以上をかけた超大作でしたが、興行収入はまさかの7.8億円でした。

あまりの大爆死にスタッフは顔面蒼白で続編も白紙になったと言われています。

ネット上での評判も「改悪」「クソ映画」など散々な書かれようで、とある映画の批評サイトでは100点満点中5点を付けられてました。

共演者も武井咲さん、山下智久さん、山田孝之さんなど豪華なメンツでしたが、歴史的な大コケ作品になってしまいましたね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする