大根!棒読み!演技が下手な女優ランキングTOP10

ドラマ全体の視聴率低下が叫ばれている昨今。現在放送中のドラマも既に半数が視聴率一桁に転落と苦戦を強いられています。

そんな視聴率低下の一因となっているのがキャスティングです。演技力よりも話題性や大手事務所の意向が重要視されることで視聴者離れに繋がっています。

今クールのドラマでも「なぜこの人が?」という女優さんがたくさん出演していますね。

そこで今回はドラマ好きな管理人が厳選した演技が下手な女優をランキング形式で10人紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

演技が下手な女優ランキング

 山本美月

第10位は山本美月さん。

1991年生まれの25歳。所属事務所はイノセント。

2009年にモデルコンテストでグランプリを獲得して人気ファッション誌「CanCam」の専属モデルとなりました。

女優デビューしたのは2011年。デビュー作は香取慎吾さん主演のドラマ『幸せになろうよ』でした。

山本美月さんは最近ゴリ押し中の女優さんですよね。多くの映画やドラマに出演しており、現在も草彅剛くん主演のドラマ『嘘の戦争』に出演中です。

ドラマに出始めるようになった頃は「どうせモデルだからね」と広い心で見ていたのですが、ここまでドラマに出演するようになるとさすがに「モデルだから」では済まされなくなってきますよね~。

以前、月9ドラマにエビちゃんこと蛯原友里さんが出演した時よりは幾分マシですが、山本美月さんの演技もかなり酷い部類に入ると思います。

感情表現が下手だし、特に泣きの演技がびっくりするくらいお粗末でした。

そして、女優として致命的なのは声が残念ということ。

顔はすごく可愛くてスタイルもいいのに声が変なんですよね。低いというかちょっと不快に感じるレベルです。

モデルさんとしてのスキルは完璧だと思うので、モデル一本にした方がいいと思います。

ザックリまとめると
・泣きの演技が下手
・声が残念
・モデル一本で頑張って!

 木村文乃

©2016 RANMARUとゆかいな仲間たち

第9位は木村文乃さん。

1987年生まれの29歳。所属事務所はトライストーン・エンタテイメント。

2004年に映画のヒロインオーディションに合格して女優デビューしますが、その後の仕事に恵まれず一時は芸能界から遠ざかります。

しかし、2011年に芸能活動を再開。NHK朝の連続テレビ小説『梅ちゃん先生』で注目を浴びるようになり人気女優の仲間入りを果たしました。

木村文乃さんはそこまで演技が下手という訳ではないのですが、最近は本当に精彩を欠いているような気がします。

『明日、ママがいない』『銭の戦争』の演技はとても良かったと思います。意外と演技上手いな~と思っていました。

ただ、『サイレーン』と『神の舌を持つ男』の演技はびっくりするくらい下手でした。特に『神の舌を持つ男』の演技は本当に見ていられないほどでした。

やっぱりコメディ作品を上手く演じてこそ一人前の女優さんだと思うんですよね。シリアスな役柄なら大抵の女優さんはそこそこ上手く演じられます。

ちなみに、現在放送中の木村拓哉さん主演の『A LIFE〜愛しき人〜』での演技もワンパターンというか、完全に浮いてるような気がするのは私だけでしょうか?

木村文乃さんの顔は大好きなんですけどね~。ちょっと最近はガッカリ続きです。

ザックリまとめると
・演じる役柄に左右される
・コメディが下手
・顔は大好き

 真木よう子

©2013「さよなら渓谷」製作委員会

第8位は真木よう子さん。

1982年生まれの34歳。所属事務所はフライングボックス。

俳優養成所「無名塾」の出身で2001年に女優デビューしていますが、なかなかブレイクしませんでした。長い下積み時代を経験しています。

ブレイクのきっかけとなったのは2007年に放送されたV6の岡田くん主演のドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』。深夜帯ながら高視聴率を獲得したドラマです。

そして、2010年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』への出演で人気女優の仲間入りを果たしました。

真木よう子さんも木村文乃さんと同じでそこまで演技が下手という訳ではないんです。

ただ、演技派とか実力派と言われることが多いので「おいおい、ちょっと待てよ」と言いたいんです。

私だけかもしれませんが、真木よう子さんって台詞に感情がこもっていないというか棒読みな気がするんですよね。全然響かない。

あと、声が残念。

西島秀俊さん主演のドラマ『MOZU』を好きで見てたんですけど、西島さんも真木よう子さんも声が聞き取りにくいしボソボソ話すので何度も巻き戻して台詞を確認してました。

たまにナレーションの仕事もしていますが、やっぱり向いてないな~と思いました。

まあ、最近の若手女優さんに比べれば断然上手いんですけど、“演技派”と持て囃すほどではないということで8位にランクインです。

ザックリまとめると
・棒読み
・声が残念
・演技派ではない

 松下奈緒

第7位は松下奈緒さん。

1985年生まれの31歳。所属事務所はジェイアイプロモーション。

2004年に元モーニング娘の安倍なつみさん主演のドラマ『仔犬のワルツ』で女優デビュー。2010年にNHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』で人気女優の仲間入りを果たしました。

松下奈緒さんはネットで“演技が下手な女優”と検索してもなかなか名前が出てきませんが、私の中では結構下手な部類に入るんですよね。

たぶん、演じる役柄のせいだと思います。

松下奈緒さんが最近出たドラマでいうと『早子先生、結婚するって本当ですか?』。

早子先生、結婚するって本当ですか? DVD-BOX

サバサバした独身女の設定なのですが、全くハマっていませんでした。

共演者の貫地谷しほりさん、佐藤仁美さん、八嶋智人さんの演技が上手かったので余計に松下奈緒さんの抑揚のない単調な台詞回しが際立ってました。

お嬢様育ちなのでこういうサバサバ系の役柄が全くハマらないんですよね~。

もういっそのこと、清楚なお嬢様っぽい役だけ引き受けた方がいいと思います。

ザックリまとめると
・演じる役柄のせい
・サバサバ系がハマらない
・今後はお嬢様役オンリーで!

 桐谷美玲

©2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 ©幸田もも子/集英社

第6位は桐谷美玲さん。

1989年生まれの27歳。所属事務所はスウィートパワー。

2005年に映画『春の居場所』で女優デビュー。2010年に主演を務めたドラマ『女帝 薫子』で女優として注目されるようになりました。

桐谷美玲さんは“演技が下手な女優”として必ず名前が上がりますよね。

顔はものすごく可愛いのに本当に演技が残念。2016年に主演を務めた月9ドラマ『好きな人がいること』も散々でしたね。

桐谷美玲さんの場合は棒読みというよりは“わざとらしい”という表現のがぴったりかも。

オーバーリアクション気味だし、喋り方が不自然過ぎるんです。「え?」とビックリして驚くシーンなどを見てるとわざとらしくてズッコケます。

そんな驚き方するヤツいるかよ!って一人でテレビにツッコんでました。

ただ、映画『ヒロイン失格』はそんなオーバーリアクションが逆にハマっていて面白かったです。ギャグっぽい演出が多かったので気になりませんでしたね~。

まあ、顔がものすごく可愛いので多少の下手さには目を瞑りますが、もうちょっと演技の勉強をして欲しいな~と思います。今のままでは完全に目の保養要員です。

ザックリまとめると
・わざとらしい
・オーバーリアクション
・目の保養要員
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
ランキングマニアの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

コメント

  1. るるる より:

    映画「何者」を見て、有村架純さんと二階堂ふみさんの実力の差をまざまざと見せつけられました。なぜこの人が無理やり評価されてるんだろう、なんでこの程度の演技と容姿でヒロインなんだろう、と思うことは昔から多々ありますけど。一女優の人生・キャリアよりも、レベルの高い文化を享受したい国民の権利を大事にしてほしいです。

    • ぽんちゃん より:

      るるるさん

      コメントありがとうございます♡

      映画「何者」は気になっている作品だったのですが、なかなか時間がなくてまだ観れていないんです!そんなに二階堂ふみさんの演技は素晴らしかったですか?私は他の作品で二階堂ふみさんを観たのですが、本当に素晴らしい女優さんだな~と思いました♡

      よく“女優の世界は甘くない”と言われていますが、やはり今の芸能界では実力よりも人気や話題性が先行していますよね。そして、事務所の力次第でゴリ押しされたり干されたりと露出に大きな差が出てしまうため視聴者としては「なんだかな~」という気持ちです。

      「一女優の人生・キャリアよりもレベルの高い文化を享受したい」という言葉は正にその通りだと思います(๑•̀ㅂ•́)و✧