じわじわ系イケメン!高橋一生のおすすめドラマランキングTOP10

今、人気急上昇中の俳優・高橋一生さん。決して派手な顔立ちではありませんが、見れば見るほどクセになるというかジワジワくるものがあります。

30代半ばになってからは大人の色気のようなものも出てきましたね。

そんな高橋一生さんは主演作こそありませんが、名脇役として本当に多くの作品に出演しており、演技力も高く評価されています。

そこで今回は、高橋一生さんが出演しているドラマの中から「これがオススメ!」という作品をランキング形式で紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

高橋一生のプロフィール

高橋一生さんはあまり知られていませんが子役出身です。

1990年10歳のときにビートたけしさん主演の『ほしをつぐもの』で映画デビューし、同じ年に放送された田村正和さん主演の『ニューヨーク恋物語Ⅱ』でドラマデビューしています。

その後、2001年に六角精児さんらが所属する扉座という劇団に入団し、主に舞台を中心に活動するようになりました。

そんな高橋一生さんは子役としてデビューしてから本当に多くの作品に出演していたのですが、俳優として注目を浴びるようになったのは割と最近です。

きっかけとなったのは2015年に放送されたドラマ『民王』だと言われていますね。

『民王』はテレビ朝日系の深夜枠で放送されたドラマなのですが、とても評価が高かった作品です。視聴率はそこそこでしたが、いくつか賞も獲得しています。

そして、2016年には連ドラ4本・スペシャルドラマ3本に出演して一躍人気俳優の仲間入りを果たしました。

それでは、そんな高橋一生さんを堪能できるドラマを紹介していきます!

高橋一生おすすめドラマランキング

 軍師官兵衛

第10位は『軍師官兵衛』。

2014年に放送された岡田准一さん主演のNHK大河ドラマです。

この作品で高橋一生さんが演じたのは井上九郎右衛門(いのうえくろうえもん)という黒田家の家臣。

常に一歩引いて冷静に物事を考える頭脳派の武将ですね。

岡田さん演じる黒田官兵衛の側近なので物語のラストまでずっと出演しています。そのため、高橋一生さんを長く楽しめる作品です。

クールであまり感情を表に出さない人物なのですが、それを上手く演じていましたね。感情を抑えつつも内に秘める熱いものがしっかりと表現されていました。

ちなみに、岡田准一さんと高橋一生さんは同じ1980年生まれで、なんと堀越高校の同級生なのだとか。プライベートでも仲良しでお互いを「准一」「一生」と呼び合っているそうです。

 名前をなくした女神

出典:http://up.gc-img.net

第9位は『名前をなくした女神』。

2011年4月期にフジテレビ系火曜21時枠で放送された杏さん主演のドラマです。

キャッチコピーが「ようこそ、ママ友地獄へ」となっているように、小学校受験を控えたママ友の間で繰り広げられる地獄のような人間関係を描いています。

このドラマで高橋一生さんが演じたのはモラハラ夫。

一流大学を出たエリート銀行マンなのですが、過去のトラウマから尾野真千子さん演じる妻に暴言を吐いて追い詰めていくという役どころです。

物語の前半はすごく嫌な奴なんですよね~。普段の高橋一生さんは柔らかい雰囲気があるのですが、このドラマの中ではゾッとするほど冷たい目をしています。

まあ、それだけ演技が上手いということなのですが、本気で嫌いになりそうでした。

女性キャストがメインのドラマなので出演シーンはそれほど多くはありませんが、とにかく強烈なインパクトを残した作品です。

 Woman

出典:http://matometimes.com

第8位は『Woman』。

2013年7月期に日本テレビ系水曜ドラマ枠で放送された満島ひかりさん主演のドラマです。

不慮の事故で夫を亡くしたシングルマザーの葛藤や家族の絆を描いた作品ですね。

このドラマで高橋一生さんが演じたのは満島ひかりさん演じるシングルマザーの主治医。

一見クールに見えるのですが、実は情に厚く、頼りがいのある医師という役どころ。

『Woman』はこれでもかというくらい不幸が襲ってくるので見ている方も心がズーンとなってしまう作品だったのですが、良い意味で高橋一生さん演じる澤村医師がその暗い雰囲気を壊してくれていました。

ふわっとしたパーマっぽい髪形と優しい笑顔が究極の癒しでしたね。

そして、過去に妻を病気で亡くしているという役柄だったので、どこか切なさが漂っている感じも良かったです。

私が高橋一生さんに注目するようになった作品です。

 医龍-Team Medical Dragon-2

出典:http://up.gc-img.net

第7位は『医龍-Team Medical Dragon-2』。

2007年10月期にフジテレビ系木曜劇場枠で放送された坂口憲二さん主演のドラマです。

人気漫画の実写化作品で、2006年に放送されて話題となった医療ドラマのシリーズ2作目。天才外科医率いるバチスタチームの活躍を描いています。

このドラマで高橋一生さんが演じたのは超一流の腕を持つ血管外科医だが、自信過剰で人を見下すなど性格に難があるという役どころ。

かなりクセのある役柄でしたが見事に演じていましたね~。

物語の序盤はとにかく嫌な奴。出来の良い兄と比較され続けて性格が屈折しただけあって、傍若無人で俺様キャラ。

ただ、中盤から少しずつ性格に改善が見られ、バチスタチームの面々とも打ち解けていき、終盤ではツンデレっぷりをいかんなく発揮しています。

もうね、俺様からのツンデレに完全にノックアウトしちゃう作品です。

 いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

出典:http://www.fujitv.co.jp

第6位は『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』。

2016年1月期にフジテレビ系月9枠で放送された有村架純さん高良健吾さんW主演のドラマです。

辛い過去を持ちながらも明るく前向きに生きる女の子と心優しい青年の純愛を描いた作品。2016年度版東京ラブストーリーと言われています。

このドラマで高橋一生さんが演じたのは高良健吾さん演じる心優しい青年が働く運送会社の先輩。

自分のミスを人に押し付けるなど性格に難がある人物です。

もうね、嫌な奴を演じさせたら高橋一生さんの右に出るものはいないというくらい今回も嫌な奴を見事に演じています。

本当に嫌いになりそうなくらいムカつくんですよね~。

ただ、物語が進むにつれて段々と心の闇が明らかになっていき、終盤では主人公2人を繋ぐキーパーソンとなります。

メインキャストではないので出演シーンは少ないのですが、この作品の高橋一生さんの演技は本当に素晴らしかったです。

特にトラックの荷台に座って高良健吾くん演じる主人公に土下座させるシーンは鳥肌が立つくらいゾワゾワしましたね。高橋一生さんの演技力に脱帽する作品です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
ランキングマニアの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!