【お蔵入り・放送禁止】封印されてしまった人気ドラマランキングTOP10

ここ数年、ドラマに対する抗議のニュースを目にする機会が増えたように感じます。

三度の飯よりドラマが好きな私としてはそういうニュースを見るたびに「いやいや、ドラマとリアルは別物でしょ」とツッコミたくなってしまうんですよね~。

そうやってすぐ抗議するからドラマがつまらなくなるんだよ、と言いたい。

でも、抗議する側の事情も分かります。

今話題になっている『ブラックペアン』の治験コーディネーターなんかは、あまり多くの人に知られていない職業なので、誤解を与えてしまうような描写に抗議するのは意味のあることだと思います。

さて、そんなこんなで前置きが長くなってしまいましたが、今回は様々な事情により封印作品となってしまったドラマのランキングをお届けしたいと思います。

どんな事情でお蔵入り・放送禁止になってしまったのかという理由も含めて、封印作品となった問題作ドラマを人気があった(視聴率が高い)順にランキング形式で紹介していきます。

スポンサーリンク

お蔵入りになってしまった問題作ドラマランキング

 ハガネの女 season2

第10位は『ハガネの女 Season2』。

2011年4月期にテレビ朝日系木曜ドラマ枠で放送された吉瀬美智子さん主演のドラマ。

  • 平均視聴率7.5%(全9話)

『ハガネの女』は漫画の実写化作品で、ハガネと呼ばれる小学校の女性教師が問題のあるクラスを立て直すというストーリー展開。

吉瀬美智子さんの連続ドラマ初主演作で、シーズン1は深夜帯での放送だったにも関わらず平均視聴率10.3%と大健闘しました。

しかしながら、ゴールデンタイムで放送されたシーズン2は平均視聴率一桁と惨敗しただけでなく、封印作品となってしまいました。

封印作品となってしまった理由は原作者とのトラブル。

ドラマ内でアスペルガー症候群という発達障害の生徒をとりあげた回があったのですが、その際の描写を巡って原作者と揉めてしまったのだとか。

私はドラマを観ていなかったので詳しいことは分かりませんが、アスペルガー症候群の生徒を学校に残すか残さないか多数決で決めるという描写が問題になったようです。

 終わらない夏

第9位は『終わらない夏』。

1995年7月期に日本テレビ系水曜ドラマ枠で放送された瀬戸朝香さん主演のドラマ。

  • 平均視聴率11.9%(全10話)

『終わらない夏』は二人の男性の間で揺れ動く女性の姿を描いた恋愛ドラマで、瀬戸朝香さんと井ノ原快彦さん(V6)の出会いのきっかけとなった作品としても知られています。

しかしながら、このドラマも封印作品となっています。

封印作品となった理由は盗作疑惑。

人気漫画『ホットロード』に登場人物の設定や台詞が酷似しているとの指摘があり、放送終了後に制作サイドが謝罪したそうです。

そして、再放送も映像化もしないということで決着がついたのだとか。

ちなみに、『終わらない夏』の脚本を担当したのは梅田みかさん。エッセイストで1994年に脚本家デビューしたばかりでした。

 相棒 Season3

第8位は『相棒 Season3』。

『相棒』は2000年から2018年現在までテレビ朝日系で断続的に放送されているテレビドラマシリーズで、高視聴率を連発しているドル箱コンテンツとして知られています。

そんな『相棒』も実は封印作品となっています。

まあ、封印作品というか、あるエピソードだけ抗議を受けて欠番扱いになっています。

そのエピソードというのは2004年12月8日に放送された『相棒 Season3』の第7話。サブタイトルは「夢を喰う女」。

  • 平均視聴率12.4%(第7話)

この第7話の中で図書館司書から閲覧者の個人情報を聞き出すシーンがあり、それが守秘義務違反になりかねないとの指摘があったのだとか。

また、図書館司書の女性が美貌を利用して図書館を利用する高齢者から金品を巻き上げるという内容に対しても「図書館のイメージを損ねる」という批判の声が寄せられたみたいですね。

そのため、この第7話だけ再放送されずDVDにも収録されていません。公式サイトのあらすじのバックナンバーからも消されており、事実上の封印作品となっています。

 海猿 UMIZARU EVOLUTION

©2012 フジテレビジョン ROBOT ポニーキャニオン 東宝 小学館 エー・チーム FNS27社

第7位は『海猿 UMIZARU EVOLUTION』。

2005年7月期にフジテレビ系火曜ドラマ枠で放送された伊藤英明さん主演のドラマ。

  • 平均視聴率13.2%(全話)

『海猿』は漫画の実写化作品で、2004年から2012年にかけて映画4本・連続ドラマ1本が制作されました。

映画は興行収入80億円を突破するなどドル箱コンテンツとして知られていましたね。

しかしながら、この『海猿』も封印作品となってしまいました。

封印作品となってしまった理由は原作者とのトラブル。

『海猿』の関連書籍が契約書なしに販売されていたことで漫画の原作者である佐藤秀峰さんとフジテレビ側が揉めてしまったようですね。

佐藤秀峰さん本人がTwitterで以下のように報告しています。

まさか『海猿』が封印作品になってしまうとは…。残念ですね。

 サイコメトラーEIJI

第6位は『サイコメトラーEIJI』。

1997年1月期に日本テレビ系土曜ドラマ枠で放送された松岡昌宏さん(TOKIO)主演のドラマ。

漫画の実写化作品で、物や人に触れるとその物体に残った記憶の断片を読み取ることが出来るサイコメトリー能力を持つ高校生の姿を描いています。

そんな『サイコメトラーEIJI』も封印作品というか、あるエピソードだけ欠番扱いになっています。

そのエピソードというのは1997年2月8日に放送された第5話。サブタイトルは「ボクを殺さないで(CASE3)」。

  • 平均視聴率16.2%(第5話)

封印されてしまった理由は「小学生の男の子がバスの車内で同級生や教師を皆殺しにする」という過激な内容だったためと言われています。

少年には植物状態の双子の兄がいて、その兄の生霊に憑りつかれて集団殺戮をしたという理由付けがありますが、ちょっとエグいですよね。

VHS化はされていますが、DVD化はされていません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする