黒歴史?華麗なる転身?意外な前職をもつ芸能人ランキングTOP20

芸能界で華々しく活躍する芸能人は生まれながらに才能を持っていると思われていますが、意外と長い下積み時代を経験している苦労人も多いと言われています。

芸能界入りする前に別の仕事に就いていた方も少なくありません。

元サラリーマン・元銀行員・元公務員・元教師など、あっと驚くような前職をもつ芸能人も実は結構いるみたいですね。

そこで今回は意外な前職をもつ芸能人をランキング形式でお届けします。

スポンサーリンク

意外な前職をもつ芸能人ランキング

 草刈正雄

第20位は草刈正雄さん。

2016年の大河ドラマ『真田丸』での好演が記憶に新しい俳優さんですね。「おのおの抜かりなく」という台詞は話題になりました。

そんな草刈正雄さんはモデル出身の俳優さんで、モデル時代から売れっ子だったようですが、過去に本のセールスや文房具の配達の仕事をしていたと言われています。

実は草刈正雄さんの父親はアメリカ軍の兵士で、草刈さんが生まれる前に戦死してしまったのだとか。

そのため中学生の頃から家計を助けるために新聞配達や牛乳配達をしていたようです。

そして、中学卒業後は世界文化社の代理店で本のセールスをしたり、文房具の配達の仕事をしながら定時制の高校に通っていたみたいですね。

ちなみに、本のセールスをしているときの成績はかなり優秀だったとか。やっぱりイケメンは得なのでしょうか。

 斎藤司(トレンディエンジェル)

第19位はお笑いコンビ・トレンディエンジェルの斎藤さん。

斎藤さんは大学を卒業してから約2年間、楽天で働いていたみたいですね。

正社員ではなくアルバイトだったようですが、楽天で中古車店の営業を担当していたのだとか。

上司が厳しい人で1日300件近くの営業電話をかけさせられていたようですね。

また、ノルマも厳しく、精神的にも体力的にもキツかったと本人が語っています。

ちなみに、真面目な働きぶりで社員になるよう勧められたこともあったようですが、お笑い芸人になるという夢をあきらめ切れずに退職したそうです。

 加藤浩次(極楽とんぼ)

第18位はお笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次さん。

今ではすっかり朝の顔として定着している加藤浩次さんですが、前職は運輸会社の社員。

高校卒業後に西濃運輸札幌支店に就職して事務兼運転手として働いていたのだとか。

ただ、入社して約8ヶ月で退職。しかも冬のボーナスをもらった翌日に辞めたみたいですね。

そして、その資金を元手に上京。様々なアイルバイトや俳優養成所を経て、お笑いの道に進んだと言われています。

 設楽統(バナナマン)

第17位はお笑いコンビ・バナナマンの設楽さん。

テレビ番組出演本数ランキングで常に上位にランクインしているバナナマンの設楽さんですが、前職はなんと駅員さん。

高校卒業後に西武鉄道に就職し、池袋線小手指駅に駅員として勤務していたそうです。

西武系ホテルの支配人だった父親の縁故採用だったと言われていますね。

 坂本冬美

第16位は演歌歌手の坂本冬美さん。

紅白歌合戦の出場回数29回を誇る大物演歌歌手の坂本冬美さんですが、前職はなんと梅干し工場の社員。

高校卒業後に地元・和歌山の梅干し会社に就職し、梅干しの塩分などを検査する仕事をしていたそうです。

地味な仕事で周りに人がいなかったので、歌いながら仕事をしていたのだとか。

また、休憩時間になると工場の近くのカラオケ教室で毎日歌の練習に励んでいたそうです。

そんな努力の甲斐があって20歳になる直前の1987年に演歌歌手としてデビュー。デビュー曲は80万枚以上を売り上げました。

 石橋貴明

第15位はお笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明さん。

破天荒なイメージの強い石橋貴明さんですが、前職はなんとホテルマン。

高校卒業後に「センチュリーハイアット東京」「ホテルオークラ」でホテルマンとして働いていたそうです。

ちなみに、相方の木梨憲武さんはダイハツで車の販売をしていたみたいです。

2人とも現在の姿からは想像もできない意外な仕事に就いていたんですね。

 綾部祐二(ピース)

第14位はお笑いコンビ・ピースの綾部さん。

現在ハリウッドデビューを目指して渡米中の綾部さんですが、前職は椅子工場の社員。

高校を卒業してから約2年間、地元・茨城の椅子工場に勤務していたそうです。

パートのおばちゃんたちのアイドル的存在だったみたいですね。

ちなみに、椅子工場を辞めたあとはシダックスやビックエコーなどのカラオケ店で働いていたそうです。

 佐々木蔵之介

第13位は俳優の佐々木蔵之介さん。

多くの映画・ドラマに出演している人気俳優の佐々木蔵之介さんですが、前職は広告代理店に勤務するサラリーマン。

大学卒業後に博報堂の主要企業の一つである大広で働いていたそうです。

なんと同期入社にはお笑いコンビ・ますだおかだの増田さんがいたのだとか。

すごい偶然ですね~。

ちなみに、佐々木蔵之介さんの実家は京都の造り酒屋。そして、蔵之介さんは家業を継ぐために販売戦略など学ぶ目的で広告代理店に入社したそうです。

ただ、俳優になる夢を諦めきれなかったみたいですね。

 タモリ

第12位はタモリさん。

ビートたけしさん、明石家さんまさんと共に日本のお笑い界のビック3と呼ばれているタモリさんですが、前職はなんと保険の外交員。

早稲田大学を学費未納で除籍されたあと地元の福岡へ戻り、朝日生命の保険外交員として3年間働いていたそうです。

そして、保険会社を辞めたあとは旅行会社、ボウリング場の支配人、喫茶店のマスターなどを経て芸能界入りしたと言われています。

 小渕健太郎(コブクロ)

第11位は音楽デュオ・コブクロの小渕健太郎さん。

コブクロの楽曲の大半の作詞・作曲を手掛ける小渕健太郎さんですが、前職はサラリーマン。

高校を卒業したあとに建築物の防虫・防腐などの管理をする会社に就職したそうです。

そして、サラリーマンの傍ら、路上ライブをしていたのだとか。

そのときに相方の黒田さんと出会って、黒田さんの声に惚れ込み、コブクロを結成したと言われていますね。

ちなみに、音楽活動に専念するために会社を辞めたいと申し出たところ、会議室に閉じ込められて8時間も説得されたそうです。

とても優秀な社員だったみたいですね~。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする