スカウトがきっかけで芸能界デビューした人気俳優ランキングTOP15

芸能界という華やかな世界で活躍している芸能人たち。

誰もが一度は憧れたことがあるのではないでしょうか?幼い頃から芸能人になることを夢見て努力を続けている人も多いと思います。

しかし、現実はそう甘くはありません。

最近はSNSの普及などにより芸能界への入り口は広くなっていますが、成功できる人はほんの一握り。努力が報われるとは限りません。

その一方で、芸能界にそれほど興味がない人がスカウトされて芸能界入りし、アッサリとブレイクして活躍するということも意外と多くあります。

そこで今回は、スカウトがきっかけで芸能界デビューした人気俳優15人をランキング形式で紹介していきたいと思います。

スカウトされたときの年齢、場所、エピソードなどを交えてお届けします。

スポンサーリンク

スカウトで芸能界デビューした俳優ランキング

ランキングの注意点
  • スカウトされた年齢が若い順に紹介していきます。

 濱田岳

まず1人目は濱田岳さん。

1988年生まれの28歳。演技力に定評がある俳優さんですね。KDDI「au三太郎シリーズ」の金太郎(金ちゃん)役でも知られています。

そんな濱田岳さんはなんと9歳の頃にスカウトされています。

お父さんと東京ドームで野球観戦をした帰りにスカウトされたのだとか。

スカウトされた当時は本人も親もそれほど芸能界に興味がなかったそうですが、レッスン代がかからないからという理由で芸能界入りしたそうです。

そして、10歳のときにドラマ『ひとりぼっちの君に』で俳優デビュー。

その後、中学~高校時代にラクビ―に夢中になって役者活動を一時休止しましたが、『3年B組金八先生』への出演を機に本格的に役者の道に進むことを決めたそうです。

濱田岳さんはお世辞にもイケメンとは言えないので、スカウトで芸能界入りしていたとは驚きでしたね~。子供の頃は可愛かったのでしょうか?

ちなみに、所属事務所はスターダストプロモーション。竹内結子さん、柴咲コウさん、北川景子さんなど多くの人気女優さんを抱える事務所です。

ザックリまとめると
・9歳
・東京ドームで野球観戦した帰り
・スターダスト

 市原隼人

続いて2人目は市原隼人さん。

1987年生まれの30歳。最近は脇役が増えていますが、一時期は多くの人気作品で主演を務めた俳優さんです。

そんな市原隼人さんがスカウトされたのは小学5年生。10~11歳の頃ですね。

詳しい状況は分からなかったのですが、スカウトされた場所は渋谷だったそうです。市原さんの地元は神奈川県川崎市なので、たぶん家族で買い物でもしていたのでしょうか?

ちなみに、事務所は濱田岳さんと同じスターダストプロモーション。

スカウトされてすぐに事務所に所属したかは分かりませんが、2000年に出演した日清食品の「スパ王」のCMが初めての仕事だったそうです。

そして、翌年の2001年に映画『リリイ・シュシュのすべて』で俳優デビュー。なんと俳優デビュー作でありながら主演を務めました。

リリイ・シュシュのすべて

その後の活躍はみなさん知っての通り。数々のヒット作に出演する人気俳優となりました。

ザックリまとめると
・小学5年生
・渋谷でスカウト
・スターダスト

 勝地涼

続いて3人目は勝地涼さん。

1986年生まれの30歳。主演作は少ないですが、名脇役として多くの作品に出演しています。

そんな勝地涼さんがスカウトされたのは中学1年生だった13歳の頃。

母親が経営しているお花屋さんでドラマの撮影があり、興味本位でこそこそ覗いていたら関係者にスカウトされたのだとか。

具体的な番組名は明かされていませんが、堂本光一さんと瀬戸朝香さんが撮影していたとのことで、1999年に放送されたドラマ『P.S. 元気です、俊平』だと言われています。

そして、勝地涼さんをスカウトしたのはなんと瀬戸朝香さんのマネージャー。

という訳で、勝地さんは瀬戸朝香さんと同じフォスターという事務所に所属しています。

女優さんのマネージャーにスカウトされるなんてビックリですね~。フォスターは少数精鋭の事務所で、新人発掘はスカウトが中心だと言われています。

最近ブレイクしている広瀬アリスさん、広瀬すずさん姉妹も所属している事務所です。

ザックリまとめると
・13歳
・ドラマの撮影見学中
・フォスター

 岡田将生

続いて4人目は岡田将生くん。

1989年生まれの27歳。今大活躍中のイケメン俳優さんですね。

そんな岡田将生さんがスカウトされたのは中学2年生だった14歳の頃。

友達と原宿で遊んでいたときにスカウトされたそうです。事務所は濱田岳さん、市原隼人さんと同じスターダストプロモーション。

ただ、スカウトされた当時はバスケットボールに夢中になっていたため、芸能界入りを断ったのだとか。俳優という仕事にもそれほど興味がなかったようですね。

しかし、高校進学を機にバスケをやめてこれから何をしようかと悩んでいるときにスカウトされたことを思い出し、自分から事務所に連絡をしたそうです。

そして、2006年に日本工学院専門学校のCMで芸能界デビューしました。

その後の活躍は知っての通りですね。主役も脇役もこなせる人気俳優となりました。

ザックリまとめると
・14歳
・原宿でスカウト
・スターダスト

 林遣都

続いて5人目は林遣都さん。

1990年生まれの26歳。演技力に定評がある若手俳優さんです。

そんな林遣都さんがスカウトされたのは中学3年生。14~15歳の頃ですね。

なんと修学旅行中に渋谷駅のホームでスカウトされたそうです。事務所は濱田岳さん、市原隼人さん、岡田将生くんと同じスターダストプロモーション。

いや~、スゴイですね。林遣都さんは滋賀県大津市の出身なので一体どこでスカウトされたのだろうと思っていたら、まさか修学旅行中だったとは。

当時からイケメンだったのでしょうね~。

ちなみに、スカウトされたときは修学旅行中だったこともあり、書類だけ渡されてそのまま地元に帰ったのだとか。

その後、地元に近い大阪で事務所の人と面談をして正式に所属が決定したそうです。

そして、2007年に映画『バッテリー』で俳優デビュー。俳優デビュー作でありながら主演を務め、演技力の高さも注目を浴びましたね。

ザックリまとめると
・中学3年生
・修学旅行中
・スターダスト

 山田孝之

続いて6人目は山田孝之さん。

1983年生まれの33歳。演技力に定評がある実力派俳優です。

そんな山田孝之さんがスカウトされたのは中学3年生だった15歳の頃。

荷物持ちとして姉の買い物に付き合わされているときにラフォーレ原宿の前でスカウトされたそうです。事務所はスターダストプロモーション。

山田孝之さんは今でこそワイルドな風貌ですが、昔は本当に美少年という言葉がピッタリでした。そのせいか、なんと女の子に間違えられてスカウトされたと言われています。

そして、1999年にドラマ『サイコメトラーEIJI2』で俳優デビュー。

その後の活躍は知っての通り。多くの作品に出演する人気俳優となりました。

それにしてもスターダストプロモーション率の高さはハンパないですね。スカウトマン優秀!見る目がありますね~。

ザックリまとめると
・15歳
・ラフォーレ原宿
・スターダスト

 山崎賢人

続いて7人目は山崎賢人くん。

1994年生まれの22歳。現在大ブレイク中の人気俳優さんです。

そんな山崎賢人くんがスカウトされたのは中学3年生だった15歳の頃。

原宿の竹下通りを抜けたところにあるサッカーショップでスカウトされたそうです。事務所はスターダストプロモーション。

そして、スカウトされた2009年にティーン向けのファッション誌「ピチレモン」でメンズモデルとして芸能活動を開始しました。

当時は芸能界にそれほど興味はなく「入るだけならいっか」程度の気持ちで事務所に所属したそうですが、経験を重ねることを段々と意識が変わっていったそうです。

それにしてもスターダストって本当にスゴイですね。7人中6人がスターダストって。スカウトマンも優秀だし、若手俳優の育成も上手いんだろうな~。

ザックリまとめると
・中学3年生
・原宿にあるサッカーショップ
・スターダスト

 佐藤健

続いて8人目は佐藤健さん。

1989年生まれの27歳。多くの作品に出演している人気俳優さんですね。

そんな佐藤健さんがスカウトされたのは高校2年生。16~17歳の頃ですね。

スカウトされた場所は原宿の竹下通り。なんでも初めて原宿に遊びに来たときにスカウトされたそうです。事務所はアミューズ。

佐藤健さんもそれほど芸能界に興味はなかったそうですが、スカウトされた事務所(アミューズ)にファンだった深津絵里さんが所属していたことで芸能界入りを決めたそうです。

そして、2006年にドラマ『プリンセス・プリンセスD』で俳優デビュー。翌年に『仮面ライダー電王』で主演を務めて注目を浴びる存在となりました。

佐藤健さんは深津絵里さんのファンだったんですね~。それにしても同じ事務所にスカウトされるなんて偶然というか、もはや運命ですね。

ちなみに、佐藤健さんをスカウトしたのは吉高由里子さんをスカウトした人と同じなのだとか。優秀なスカウトマンですね~。

ザックリまとめると
・高校2年生
・原宿の竹下通り
・アミューズ

 玉木宏

続いて9人目は玉木宏さん。

1980年生まれの37歳。数々のヒット作に出演しているイケメン俳優さんです。

そんな玉木宏さんがスカウトされたのは高校2年生だった16歳の頃。

地元である愛知県名古屋市の“サカエチカ”という地下街で、現在の所属事務所であるアオイコーポレーションの社長にスカウトされたそうです。

玉木さんは元々芸能界に興味があり、14歳の頃にオーディションを受けたこともあったそうです。ただ、いいところまでいったものの落ちてしまったのだとか。

そのため、意外とすんなり芸能界入りしたのかと思ったのですが、「名古屋でスカウトなんてあるのか?」と半信半疑だったようで、事務所の社長と話し合いを重ねたそうです。

そして、高校卒業を機に上京して芸能界入り。1998年にドラマ『せつない』で俳優デビューしました。

ただ、所属事務所が大手ではなかったため、上京してからしばらくはアルバイトをしながらオーディションを受け続けるという日々を送っていたようです。

しかし、2003~2004年頃にブレイクし、それから10年以上第一線で活躍を続けています。

意外と苦労人だったのですね。

ザックリまとめると
・16歳
・名古屋のサカエチカでスカウト
・アオイコーポレーション

 福士蒼汰

©2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会

続いて10人目は福士蒼汰くん。

1993年生まれの23歳。ドラマ・映画にひっぱりだこのイケメン俳優ですね。

そんな福士蒼汰くんがスカウトされたのは17歳の頃。

友達の買い物の付き添いで渋谷に行ったときにスナップ写真の撮影に協力したことがきっかけとなったようです。雑誌に掲載された写真を見た現在の所属事務所である研音のスタッフからスカウトされたのだとか。

そして、事務所に所属してからわずか4ヶ月後にドラマ『美咲ナンバーワン!!』で俳優デビュー。それからすぐに『仮面ライダーフォーゼ』の主役に抜擢されて注目を浴び、瞬く間に人気俳優の仲間入りを果たしました。

スカウトされてからあっという間に人気俳優になるなんて、まさにシンデレラボーイですね。

ザックリまとめると
・17歳
・スナップ写真がきっかけ
・研音
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
ランキングマニアの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!