最も稼いだのは誰?ジャニーズ主演映画の歴代興行収入ランキングTOP20

歌って踊るアイドルでありながら俳優として活躍している人も多いジャニーズ事務所所属のタレントたち。

多くのヒット作を生み出していることからジャニーズ=ドラマというイメージが強いですが、日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞を獲得したV6の岡田准一さんをはじめ、最近は映画にも多く出演しています。

そこで今回はジャニーズで最も興行収入を稼いだのは誰なのか?ジャニーズ主演映画の歴代興行収入ランキングをお届けしたいと思います。

スポンサーリンク

ジャニーズ歴代興行収入ランキング

それではジャニーズ歴代興行収入ランキングを紹介していこうと思うのですが、注意点が3つあります。

まずは、“主演映画”と銘打っていますが、主演だけでなく主役級として出演した映画も対象にしています。主役級の扱いについては賛否両論あると思いますが、そこは私のお得意の独断と偏見で決めていますのでご了承下さい。

そして、シリーズ作品(前編・後編など)は一纏めにしていますのでそちらもご了承下さい。

最後に、今回のランキングは時間を掛けて調べて作成しましたが、もしかしたら間違いがあるかもしれません。そのため、参考程度に楽しんで頂ければと思います。

ではでは、ランキング発表していきまーす♪

 私は貝になりたい

©2008「私は貝になりたい」製作委員会

第20位は「私は貝になりたい」。

2008年に公開されたSMAP中居くん主演の映画です。

興行収入は24.5億円。

第二次世界大戦中の日本が舞台となっている作品で、中居くんが演じたのは気の弱い平凡な理髪師。戦争が激化したことにより召集兵となり、戦争に巻き込まれていきます。

ストーリーをザックリと説明すると、無事に終戦を迎えて再び理髪師として働いていた主人公が突然BC級戦犯として逮捕され、理不尽な死刑宣告をされるという感じですね。

過去に何度も映像化されている作品ですが、今作も興行収入24.5億円とヒットしました。

 僕等がいた

©2012「僕等がいた」製作委員会 ©2002小畑友紀/小学館

第19位は「僕等がいた」。

生田斗真くんと吉高由里子さんW主演の映画で、2012年3月に前編、4月に後編が公開されました。

興行収入は前編が25.2億円、後編が17.2億円。

累計1000万部を突破した人気少女漫画の実写化作品ですね。

興行収入10億円を超えれば大ヒットと言われている少女漫画の実写映画で25.2億円という素晴らしい数字を残しています。

原作漫画の人気もあると思いますが、若い女の子たちを中心に話題となりヒットしました。

 プラチナデータ

©2013「プラチナデータ」製作委員会

第18位は「プラチナデータ」。

2013年に公開された嵐の二宮くん主演の映画です。

興行収入は26.4億円。

人気小説家・東野圭吾さんの小説の実写化作品で、舞台となるのはDNA情報のデータベース化が可能になった近未来の日本。

複雑な物語なので説明が難しいですが、ザックリ言うとDNA情報により自身が容疑者として追われることになったシステム開発者とそれを追う刑事の姿を描いています。

元々演技に対する評価の高かった二宮くんですが、この作品で更に評価が高まった気がします。二重人格者という難しい役柄だったのですが、見事に演じ切っていましたね。

 ハナミズキ

©2010映画「ハナミズキ」製作委員会

第17位は「ハナミズキ」。

2010年に公開された新垣結衣さん主演の映画ですが、生田斗真さんが主役級で出演しています。新垣結衣さんの恋人役ですね。

興行収入は28.3億円。

この作品は一青窈さんの代表曲である「ハナミズキ」をモチーフにした作品で、切ない恋を描いた純愛ラブストーリーとなっています。

ラブストーリーの映画は苦手なのですが、この作品は面白かった。ガッキーは可愛いし、生田斗真くんはカッコイイし、映像は綺麗だし、文句ナシで楽しめました。

 黄泉がえり

第16位は「黄泉がえり」。

2003年に公開されたSMAP草彅くん主演の映画です。

興行収入は30.7億円。

梶尾真治さんの小説を実写化した作品で、亡くなったはずの人が蘇ってくるという超常現象を扱った物語となっています。

当初は公開期間が3週間の予定でしたが「感動する」という口コミが殺到して話題となり、3ヶ月以上のロングランに。最終的には興行収入30億円を超える大ヒット作となりました。

私も映画館で観たのですが、大号泣したのを覚えています。

“RUI”という役柄を演じた柴咲コウさんが歌った劇中歌「月のしずく」も大ヒットしました。

 映画 怪物くん

©藤子スタジオ、小学館/2011「映画 怪物くん」製作委員会

第15位は「映画 怪物くん」。

2011年に公開された嵐の大野くん主演の映画です。TOKIOの松岡昌弘さん、山口達也さん(声だけ)も出演しています。

興行収入は31.3億円。

「映画 怪物くん」はその名の通り藤子不二雄Ⓐさんの漫画「怪物くん」の実写化作品です。2010年に日本テレビ系で放送されたドラマが高視聴率を獲得し、映画化が決まりました。

製作費は約20億円とかなり大掛かりなプロジェクトだったようですが、見事に結果を残しましたね。

 YATTERMAN/ヤッターマン

©タツノコプロ/ヤッターマン製作委員会

第14位は「YATTERMAN/ヤッターマン」。

2009年に公開された嵐の櫻井くん主演の映画です。

興行収入は31.4億円。

タツノコプロ原作のアニメ「ヤッターマン」の実写化作品。櫻井さんはヤッターマン1号である高田ガンを演じています。

この作品は深田恭子さんがドロンジョ様を演じたことで話題になりましたね。

最近はすっかりキャスターが板についていますが、昔はこういうコミカルな作品にも出演していたんですね。

 謎解きはディナーのあとで

©2013 東川篤哉・小学館/「謎解きはディナーのあとで」製作委員会

第13位は「謎解きはディナーのあとで」。

2013年に公開された嵐の櫻井くん主演の映画です。

興行収入は32.5億円。

東川篤哉さんの小説の実写化作品。2011年にフジテレビ系で放送されたドラマが高視聴率を獲得し、映画化されました。

ドラマは原作のストーリーを元に制作されましたが、映画は完全にオリジナルのストーリーとなっています。

 GANTZ(ガンツ)

©奥浩哉/集英社 (C)2011「GANTZ」FILM PARTNERS

第12位は「GANTZ(ガンツ)」。

嵐の二宮くん主演の映画で2011年1月に第1作目となる「GANTZ」、4月に第2作目となる「GANTZ PERFECT ANSWER」が公開されました。

興行収入は1作目が34.5億円、2作目が28.2億円。

この作品も人気漫画の実写化作品ですね。「週刊ヤングジャンプ」に連載されていた奥浩哉さんによる漫画で、累計発行部数2100万部を突破しています。

 ごくせん THE MOVIE

©2009「ごくせん THE MOVIE」製作委員会

第11位は「ごくせん THE MOVIE」。

2009年に公開された仲間由紀恵さん主演の映画ですが、KAT-TUNの亀梨和也さんが主役級で出演しています。

興行収入は34.8億円。

漫画の実写化作品で、型破りな高校教師が問題児ばかりの教え子を悪戦苦闘しながら立派に育てていくという学園コメディです。

2002~2009年にかけて高視聴率を連発した人気ドラマシリーズの集大成がこの映画になっています。

亀梨和也さんはドラマの第2シリーズに生徒役のメインキャストとして出演していたのですが、今回の映画では教育実習生として仲間由紀恵さん演じるヤンクミと再会します。

「ごくせん」は仲間由紀恵さんのイメージが強すぎるので、この映画をランキングに入れるか迷ったのですが、亀梨さんはこの映画のもうひとりの主人公と紹介されていたのでランキングに入れてみました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ(広告)

シェアする

フォローする

最も稼いだのは誰?ジャニーズ主演映画の歴代興行収入ランキングTOP20
この記事をお届けした
ランキングマニアの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!