嵐のメンバーが主演したドラマの視聴率ランキングTOP20

SMAP解散によりジャニーズ事務所の稼ぎ頭となった国民的アイドルグループ・嵐。

2016年のオリコン年間ランキング「アーティスト別トータルセールス」では前人未到の4連覇を達成。音楽ソフトの総売上額は121.8億円と2位の三代目J Soul Brothers(82.6億円)を大きく引き離しました。

そんな嵐のメンバーは音楽活動だけでなく俳優としても活躍しており、話題の映画やドラマに多く出演しています。

そこで今回は嵐のメンバーが主演した歴代ドラマの視聴率をランキング形式で20作品お届けしたいと思います。1~20位までまとめてチェックしてみましょう♪

スポンサーリンク

嵐の主演ドラマ視聴率ランキング

それでは、嵐のメンバーの主演ドラマ視聴率ランキングを紹介していきます。

ランキングの注意点
  • 単発のスペシャルドラマは除く
  • 地上波のみ(BSは除く)
  • 視聴率が同じ場合は最高視聴率が高い方が上位

 10.8% 歌のおにいさん

第20位は大野くん主演の『歌のおにいさん』。

2009年1月にテレビ朝日系の金曜ナイトドラマ枠で放送された大野くんの単独での連続ドラマ初主演作です。

ドラマのタイトルから分かる通り大野くんが演じたのは“歌のおにいさん”。

ロックバンドのボーカルだった男がひょんなことから歌のおにいさんになり、子供たちと交流していく中で人間的にも成長していくというサクセスストーリーですね。

ちなみに、歌のおねえさんを演じたのは片瀬那奈さん。

他にも千紗さん(girl next door)、丸山隆平さん(関ジャニ∞)、戸次重幸さんなど個性的なキャストが揃っていました。

23:15~という深夜枠ながら全ての回で平均視聴率二桁を獲得したドラマです。

 11.4% 魔王

第19位は大野くん主演の『魔王』。

2008年7月期にTBS系金曜ドラマ枠で放送された大野くんと生田斗真さんW主演の作品。大野くんの連続ドラマ初主演作となっています。

2007年に韓国でヒットしたドラマのリメイク版ですね。

このドラマで大野くんが演じたのは表と裏の2つの顔をもつ弁護士。弱気を助け強気を挫く正義感溢れる弁護士でありながら、一方では人生の全てを復讐に捧げる冷徹な人間です。

そんな難しい役柄を大野くんは熱演していましたね。このドラマで大野くんの役者としての評価がグンと上がったような気がします。

 12.1% ザ・クイズショウ

第18位は櫻井くん主演の『ザ・クイズショウ』。

2009年4月期に日本テレビ系土曜ドラマ枠で放送された作品。2008年に深夜枠で放送されて話題となったドラマのリメイク版です。

ちなみに、深夜枠のドラマで主演を務めたのはお笑いコンビ・ラーメンズの片桐仁さん。

このドラマは架空のクイズ番組を舞台にしており、櫻井さんはその番組のMCという位置付けです。1話完結となっており、毎回解答者として豪華なゲストが出演していました。

ただ、視聴率はそこそこだったものの評価はかなり低かった作品ですね。あるサイトでは櫻井くんの演技が酷評されていました。

私はそこまで酷いとは思いませんでしたが、深夜枠で主演を務めた片桐さんの演技が素晴らしかったので比較されてしまったみたいですね。

 12.3% 失恋ショコラティエ

第17位は松本さん主演の『失恋ショコラティエ』。

2014年1月期にフジテレビ系月9ドラマ枠で放送された作品。水城せとなさんの少女漫画が原作となっています。

松本さんが演じたのは高校時代から片想いを続けているチョコレートが大好きな女性を振り向かせたい一心でショコラティエになった男。

このドラマはヒロイン役を演じた石原さとみさんの可愛さが話題になった作品ですね。

「あざといな~」と分かっていながらも思わず「可愛い」と言いたくなる仕草が注目を集め、“あざと可愛い”という言葉まで誕生しました。

 12.3% 夏の恋は虹色に輝く

第16位は松本さん主演の『夏の恋は虹色に輝く』。

2010年7月期にフジテレビ系月9ドラマ枠で放送された作品。全く売れない二世俳優と夫を亡くしたシングルマザーのラブストーリー。

松本さんが演じたのは日本を代表する名優の父とかつて“お嫁さんにしたい女優”ナンバー1と言われた母を持つ売れない二世俳優。

俳優を志すも全く売れず、親の七光りでバラエティ番組に出演しているという役どころ。

正直、あまり面白くなかったドラマです。脚本がイマイチでしたね~。

ドラマのタイトルに惹かれるものがあったのですが、内容はものすごく薄かったです。

 12.5% ようこそ、わが家へ

第13位は相葉くん主演の『ようこそ、わが家へ』。

2015年4月期にフジテレビ系月9ドラマ枠で放送された作品。ヒット作を連発している池井戸潤さんの小説が原作となっています。

このドラマは「ストーカー被害」と「会社の不正」に立ち向かう家族の絆を描いたサスペンス色の強いホームドラマですね。月9ドラマっぽくない作品でした。

相葉くんが演じたのはどこにでもいる平凡な男。駅のホームで列に割り込もうとした男を注意したことで嫌がらせを受けるようになっていきます。

正直に言うと、原作小説の方が格段に面白かったです。

ただ、ドラマにはドラマの良さがありました。原作と違って物語の主人公が父親から息子に代わっていますが、ストーリー的にはそれほど違和感はありませんでした。

また、キャストも好評でしたね。父親役の寺尾聡さん、母親役の南果歩さん、妹役の有村架純さんがそれぞれ良い味を出していました。

 12.8% 三毛猫ホームズの推理

第14位は相葉くん主演の『三毛猫ホームズの推理』。

2012年4月期に日本テレビ系土曜ドラマ枠で放送された作品。赤川次郎さんの人気推理小説「三毛猫ホームズシリーズ」が原作となっています。

相葉くんのゴールデンタイムの連続ドラマ初主演作です。

このドラマで相葉くんが演じたのは極度の怖がりで血を見ると失神してしまうという頼りない刑事。最も刑事という職業に向かない男という設定です。

そんなダメ刑事がちょっと頼りない相葉くんにピッタリとハマっていました。ただ、出演者が気の毒になるくらい脚本と演出が酷かったです。

ドラマを見るのが大好きな私が途中で視聴をリタイアしてしまいました。

ただ、そんなグダグダのドラマで平均視聴率12.8%はさすがですね。たぶん、主演が相葉くんじゃなかったらもっと低視聴率だったと思います。

 12.9% 世界一難しい恋

第13位は大野くん主演の『世界一難しい恋』。

2016年4月期に日本テレビ系水曜ドラマ枠で放送された作品。通称:セカムズ。

34歳にして一流ホテルを経営するヤリ手の社長が人生で初めて恋に落ち、不器用ながらも何とか彼女を振り向かせようと奮闘するラブコメディーです。

初めは「大野くんがラブコメ?」と心配だったのですが、めちゃくちゃ面白かったですね。2016年に放送されたドラマの中で5本の指に入るくらいハマったドラマでした。

大野くんは勿論のこと、波留さん、小池栄子さん、杉本哲太さん、北村一輝さんなど脇を固める役者さんたちの演技が光っていましたね。

特に小池栄子さん演じる秘書と大野くん演じる社長の掛け合いが大好きでした。

 13.0% 家族ゲーム

第12位は櫻井くん主演の『家族ゲーム』。

2013年4月期にフジテレビ系水曜22時枠で放送されたドラマ。本間洋平さんの小説が原作となっています。

何度か実写化されており、1983年に長渕剛さん主演で放送された連続ドラマは平均視聴率16.5%、最高視聴率20.2%(最終回)を記録しています。

このドラマで櫻井くんが演じたのは目的のためには手段を選ばない型破りな家庭教師。

難しい役柄でしたが、櫻井くんは違和感なく演じていましたね。また、教え子である神木隆之介くんの演技も光っていました。とても見応えのあるドラマです。

 13.2% 拝啓、父上様

第11位は二宮くん主演の『拝啓、父上様』。

2007年1月期にフジテレビ系木曜22時枠で放送されたドラマ。「北の国から」で知られる倉本聰さんが脚本を手掛けた作品です。

二宮くんが演じたのは神楽坂の高級料亭で料理人見習いをしている真面目な青年。

私はこのドラマを見ていないので何とも言えませんが、2005年にヒットした寺尾聡さん主演の『優しい時間』のスタッフが再集結して制作したということで完成度の高い作品であることは間違いないと思います。

二宮くんは『優しい時間』での演技が評価されて主役に抜擢されたと言われています。倉本さんは構想の段階から二宮くんの起用を考えていたそうです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ(広告)

シェアする

フォローする

嵐のメンバーが主演したドラマの視聴率ランキングTOP20
この記事をお届けした
ランキングマニアの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!